カテゴリ:イベント( 15 )

パナリ焼展 &琉球茶会 @箱根菜の花展示室

昨年の9月7日に、箱根の菜の花展示室で開催されていたパナリ焼展に行ってきました。

パナリ焼は初めて見ました。
リーフレットに写っていた壷を見て、これは絶対行かないといけないと思いました。
今回の展示は、こつこつと集めていた高橋さんのパナリ焼コレクションを見て
内田剛一さんが声をかけ、展示することになったらしい。


b0271357_14084599.jpg
b0271357_14083753.jpg



~パナリ焼は沖縄県の八重山諸島の新城島(通称 パナリ)で約200年前まで作られていた謎多き「幻」の土器です
どうやら、この島のひとたちは日常の雑器として使用したこれらの壷に、死者の骨を納めたのではないかということ。



b0271357_14065498.jpg


感動しました。
思っていたよりもだいぶ大きくて、とにかく見たことのないフォルム。
何かのマークのように刻まれた印。
おおらかで、時を経て風化した肌と ぽつねんとただそこに在る自然な佇まい。

どれも良かったのですが、そのなかでも3つほど特に好きなものがあって
そのつぼの前にどれだけ居ても飽きなかったし、何だかわからないけど合掌してしまった。

そんなふうに感じたのは初めてのことで、うまく言えないけれど
つぼが存在自体になってしまっているような感じでした。



さてこの日は特別に「琉球茶会」というのが催され、参加してきました。
展示室の2階奥にある茶室で、沖縄の古陶磁や琉球漆器など沖縄にまつわる道具を使って催されました。
下の写真に写っている白い紙が会記(内田さん筆)。
b0271357_14132707.jpg
掛け物は八重山諸島の古地図、花は琉球南蛮焼締(敷板が舟板)に秋海棠・杜鵑・薄、香合は琉球漆器でした。
茶器や釜など列挙するのはやめておきますが、私のところにまわってきたお茶碗が
大好きな大嶺實清さんの金彩のもので、なんとそれは昔沖縄の大嶺工房で見たものと同じでした。


この茶会では、琉球の真鍮の簪(かんざし)「ジーファー」をつくりかえて茶杓にしたものを使っておられました。
真鍮のものと、銀のものが販売されていましたので、ひとついただいて帰りました。
b0271357_14301975.jpg

新しく焼かれたパナリの壷や芭蕉布、三つ足の盆なども。
b0271357_14335711.jpg
b0271357_14340832.jpg
b0271357_14342135.jpg
b0271357_14343460.jpg
今回の展示に併せて出版された「PANARI」は、必見です。
また、大重潤一郎監督による大嶺實清さんのパナリ焼成実験ドキュメンタリー映画が
「風の島」というタイトルのDVDになったものも販売されていました。

島にあるものをつかい、原始的な方法で焼かれたであろうパナリ焼。
器とはなにか。
小難しい講釈など何もなく、ただ器というものの本来の姿を観る思いがしました。


高橋さん、内田さん、ありがとうございました。
人生に於いてとても重要で貴重な、素敵な展示でした。


おまけ;「まんじゅう茶屋菜の花」さんにあった内田さんの大きなつぼ。
b0271357_14520667.jpg
深澤彰文さんのうつわたち。
b0271357_14515699.jpg





[PR]
by kaze_no_oka | 2014-02-13 14:56 | イベント

花人、坂村岳志(さかむら たけし)さんの「花の会」のご紹介

昨年の6月に久々に帰郷してからというもの、
ほぼ毎月のペースで熊本に帰るようになりました。

それというのも、不在庵「さかむら」のご主人で
花人の坂村 岳志(さかむら たけし)さんのお花を観るのがすっかり楽しみになってしまったからでした。
なので、坂村さんのそのお花をぜひ多くの方々にご覧いただきたいと思い、今回ご紹介します。
b0271357_13010680.jpg
ほぼ毎月のように立田自然公園内「仰松軒(こうしょうけん)」で行われる「花の会」では
腰掛待合(寄付き)、仰松軒、鎖の間(四畳半)のそれぞれにお花が活けられます。
奥の待合から順に拝見します。
このあいだ伺ったときには写真の待合は改築?中でした。
(ちなみに写真は梅雨時のです)


仰松軒は、茶室としてとても興味深いものです。
他には見たことのないつくりで独特の空間となっているところは、
さすが利休七哲のひとりであった細川忠興公の設計だと感じ入ります(現在のは復元)。
b0271357_13012670.jpg

毎回、来て良かったと思います。
坂村さんというフィルターをとおして、草木のありのままの姿をみてその聲をきくことで
日本人のDNAのなかに織り込まれている、分母としての自然観が呼び覚まされるような感覚。


高く茂った竹や木々の合間からちらちらと差し込む陽の光と
絶え間なくきこえる鳥のさえずり。
カモの泳ぐ池からはゆらりと靄がたちあがり、
鬱蒼と茂った樹々の葉から吐き出された水によってひんやりと湿った空気。
ざわざわという葉擦れの音に混ざってドングリがぽとぽとと落ちる音。



広間では、茶藝師でいらっしゃる出野 尚子(いでの なおこ)さんのお茶をいただきながら(500円です)
ゆっくりとお花を賞玩することもできます。
ちなみに出野さんは、以前の記事でご紹介した「ちゃのわ」のおひとりで、
一緒にいただけるお菓子も、もうおひとかたのメンバーのゆかさんのもの。



坂村さんにお花や器のことを色々質問しつつ
床の間の花をのんびりと眺めながらお茶をいただく
至福の時。

前回の掛花は桧(ひのき)に椿と羊歯。
こんなふうに桧を見られるなんて。


ちなみにお花は撮影不可ですが、毎月ホームページにアップされるのでそちらで
大事に思い出されると良いと思います。
また、花の教室もなさっています。通えるかたは是非。
私は遠くて通えないけど。。。(泣)
様々な場所で出稽古をなさっているので、チャンスがあればと思っています。



さすがに通う回数が増えると、他のお客さんとも顔見知りになり(笑)
夜に「さかむら」でまたお会いしてお話させていただいたりして、
素敵なご縁をいただいています。
遠方からだけでなく、ぜひぜひお近くのかたもお運びください。


坂村岳志 花の会HP】*おしらせのページに次の花会の予定があります
毎月(お休みのときもあり)最終土日開催
場所 / 熊本市立田自然公園内 仰松軒(こうしょうけん)
  熊本市中央区黒髪4丁目610
時間 / 11:30頃〜16時頃

*入場料が200円、お茶はお一人500円です。


[PR]
by kaze_no_oka | 2014-02-05 20:47 | イベント

三谷龍二さんと行く「Found MUJI 信州 夏 ~森へ行こう~」に応募しました。

またまた記事をなかなか更新できない私でございます。
熊本のお話やら何やらたくさんあるのですが
緊急?のお知らせです。



「Found MUJI 信州 夏 ~森へ行こう~」が26日(金)まで応募受付中です。


三谷さんが話していた企画の詳細がわかりました。
(無印の担当のかたにブログに書いていいかきいてみたらOKだったので
載せておきますよ^^)


松本市内からバスに乗って上高地バスターミナルへ。三谷さんや山岳ガイドさんと共に森を散策し、上高地の動植物と自然に触れ合いながら目的地の徳澤ロッヂを目指します。
徳澤ロッヂでは、sutudio SPOON坂田阿希子さんの1日限りの森のレストランがみなさまをお迎えします。


2013年7月27日(土) 7:00~17:30
※雨天決行 台風等危険が伴うと判断した場合は、7月28日(日)に順延



前回は先着順だったので、気がついたときには定員に達していたのですが
今回は抽選なので、応募さえすればチャンスはあります!!


当日は山を片道2時間ちょっとくらい登るそうなので
トレッキングの格好で、とのことです。
興味あるかたは是非!ペアまで応募可能。
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-06-26 03:53 | イベント

熊本の6月のマーケットに行ってきました

実家のある熊本へ、大阪から飛行機で帰りました。

私は旅客機(それもボーイング)が大好きで、しかも基本的にANAにしか乗りません。
そして座席も必ず左手の翼の少し後ろに指定します。
こうすると、主翼を見ながら眼下の風景も楽しめるし、旋回しても地面が見えるのです。

今回は阿蘇五岳もくっきりはっきり見えてラッキーでした。




さて、熊本といえば馬刺、からし蓮根、くまもん、熊本城。
火の国であり水の都でもある熊本が、ここ数年なんだか面白そう。

というのも、料理研究家の米沢亜衣さんが、
細川 護熙元首相のご子息、細川護光さん(陶芸家)と結婚されて
ここ熊本で料理教室をなさっておられることもその理由のひとつ。
雑誌や何かで見るたびに、いいなぁ〜と思っていました。

その料理教室へは参加できなかったのですが、
母親の自宅のすぐ近くで
「6月のマーケット」というのがあるということで行ってきたのです。


以下、案内文。
6月に旬を迎える植木産の桃、オーガニック野菜とハーブの市場をいたします。
あわせて桃や野菜をふんだんに使ったメニューもお楽しみ下さい。

2013/6/7(金) 11:00-15:00 (雨天決行 売り切れ次第終了いたします。)
立田自然公園入口前の小屋付近(熊本市中央区黒髪4-610)
Pあり エコバッグをご持参ください。

menu
桃(ハナウタカジツ)
オーガニック野菜とハーブ(うさぎ農園)
桃と新生姜のタルト 桃とパンチェッタのキッシュ (tartelette)
桃のライ麦パン 桃のパイ 桃のクッキー 桃のお茶  ミント緑茶(chanowa)
マレーシア風カリーパフ マレーシア風桃パフ 桃のキャラメル(yoko oshima) 
桃のパニーノ 農園の野菜パニーノ (ai hosokawa)




立田自然公園というのは、細川家の菩提寺・泰勝寺跡にあります。
そこの入り口付近でということでした。


時間少し前に行くと、まだ人もまばらでいい感じ。
b0271357_2231990.jpg

うさぎ農園
すごく可愛いワーゲンバスでのお店!


元自衛官での旦那さまと
高校教師で野菜ソムリエの奥さんの二人でせっせと
無農薬・有機野菜の栽培を行っていらっしゃいます。
b0271357_22334378.jpg

ズッキーニや柔らかそうなキャベツが美味しそうで、即購入。

ブログはこちらですよ。



その次は桃、桃、桃!
安くて美味しそうな桃がたくさん並んでいて、値段もお手頃でした。
b0271357_22402250.jpg

1パックで200円だったような?
綺麗な色でした^^

そして、亜衣さんはしばらくしてからいらっしゃいました。
b0271357_22444676.jpg

その場で桃をむき、コショウなどと和えてパンに挟んでいきます。
見ていて面白く、勉強になりました♪

後ろには大きな大きなオリーブの木のうつわに
野菜のパニーノの具が盛られていて、とっても色鮮やかでした。
写真撮らなかったのをちょっと後悔。

そして並ぶこと10分でようやく。

chanowaさんの桃のお茶!



b0271357_22421924.jpg

b0271357_22423441.jpg


自然な甘みがして美味しかったです。


亜衣さんの
b0271357_2252246.jpg

農園の野菜のパニーノ。
たっぷりの野菜。

b0271357_22521830.jpg

桃のパニーノ。
初めてこういうの食べたと思うけど、チーズ(といってもチーズっぽくないやつ)が
一緒に挟んでありました。



b0271357_22591436.jpg

どれにしようか迷っちゃうな〜(> <)

b0271357_225446100.jpg

chanowaさんの桃のお菓子、叔母さんところへお土産に買ってったんです。
喜んでくれたかな?

お気に入り☆
シナモンの風味がきいていて好きです。瓢箪が良いですね。
b0271357_231068.jpg



実はこの6月のマーケットは初めての催しだったようですが、
後から後からお客さんが来て、駐車場はあっという間にいっぱいになってました。


熊本のかたはぜひ行ってみてくださいね。
エコバック持参でお願いします。
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-06-19 23:03 | イベント

大久保 千和子(おおくぼ ちわこ)さんの講演会(@sabouしが)へ行ってきました。

昨日、松本市四賀の「sabouしが」で大久保千和子さんの

の出版を記念した講演会があり、
参加させていただきました。

私は失礼ながら大久保さんのことを存じ上げなかったのですが、
今年は梅干しを漬けてみたいと思っていたところ、
sabouしがの宮崎さんの先生が梅しごとに関する本を出版されるにあたって
講演会を催されるとうかがって、即予約させていただきました。


松本PARCOの地下のリブロでも、新聞の記事とともに紹介されていましたが
ここ最近、梅干しや漬け物に関する本が出版ラッシュで
とてもタイムリーな講演だったと思います。
しかもマクロビオティックの梅を使ったレシピも紹介されるということで
楽しみにしていました。


当日は受付の始まる時間に到着。
b0271357_3101842.jpg


とにかく雨が降らなくてよかった。
緑が鮮やかな季節です。
お庭のマーガレットやカモミールも華やか。



b0271357_3112387.jpg

b0271357_3113940.jpg




受付をして、それから書籍を購入。
講演会開始までに時間があったので、サインをしていただきました。
「手塩にかけて」
のひとことが添えられていました。

「手塩にかける」「いい塩梅」
どちらも梅しごとに関わる言葉ですね。


大久保千和子さんは、「病気のデパート」だったとき、久司道夫(マクロビの超大御所)に出会い、
その後の人生が変わる。
「食い改める」ことによって家族共々健康を取り戻し、
その後山本松園さんにも師事。
「千和子マクロビオティッククッキングスクール」(茨城県取手市)校長。
「未来食キッチン」主宰。
現在、大久保さんの生徒さんたちが全国で活躍中。



お話を興味深く伺いました。(以下、メモより)

・手塩にかけて、時間をかけて
・家庭料理はお金が貰えるような料理をつくる(毎日の食事が肝心で、手抜きをしないこと)
・女と男で食事の好みは違うことを念頭に
・子どもの頃にプラスチックの器で食べるのと、これぞという茶碗で食べるのとでは感性が違ってくる
・食事は目でも食べるもの
・季節の美味しいものを、よく噛んで食べる
・ひとには天命・宿命・運命があるが、運命(命の運び方)は自分で決められる
・「自分の生き方」を決めないほうがいい。こだわりが病気を生む。無理をしない
・自分に近いもの(ほ乳類など)は出来るだけ食べない
・いのちのあるもの(加工食品等でないもの)をいただく

途中、出版された本のなかのレシピから食事をいただきました。
b0271357_3485440.jpg

緑のスープはきゅうりのスープ。
主食はちらし寿司です。
烏龍茶と梅の淡雪羹は、豆腐が雲のようで美しい。


たまたま同じテーブルでいただいたので、色んな悩みを相談することができてラッキーでした。
食事こそが命をささえるのだと実感。


大久保先生(先生と呼ばせていただきます!)のお話でいちばんいいなぁと思ったことは、こだわらないということを仰っていたことです。
マクロビオティックをやるから肉や乳製品を絶対食べない、イタリアンや甘いお菓子を食べない、そういうふうにこだわることこそが病気を生むということでした。

マクロビというと、陰陽だのお金がかかりそうだの、誤解されがちですが
本当はとても当たり前で普通のことをするだけ。
日本人ならば昔からしてきた食習慣を実践するということかなとおもいました。


よぉし、梅干しつくるぞぉ!!
b0271357_3541095.jpg



大久保千和子先生の料理教室のサイト →こちら
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-06-03 22:10 | イベント

松本クラフトフェア2013〜松本ノオミヤゲ

松本クラフトフェアの帰りにこんなブースがありました。



b0271357_12011100.jpg

b0271357_1203499.jpg


松本のおみやげのコーナー。
はちみつや味噌や醤油など。


伊藤まさこさんの本で長野の美味しいものはたくさん紹介されているので、
メジャーどころは皆さんご存知だと思います。
そういえば最近も松本に限定されてはいないけどこんな本が出ていました。
b0271357_1265234.jpg




で、殺人的な暑さのなか六九クラフトストリートへ舞い戻り、
10cmのところでオオヤコーヒさんのアイス・オ・レを飲んで帰りました。

おまけ。
城進さんの箸置き。
b0271357_1333955.jpg

[PR]
by kaze_no_oka | 2013-05-31 01:34 | イベント

クラフトフェア松本〜その④

津田さんの、アルミの蓋のついた筒状のものが好きなので
今年はどこにいらっしゃるだろうと思っていましたがなかなか見つからない。

ので、案内板で位置を確認してその辺りをウロウロ。
うー…ん?
違うけど、こんな素敵なガラスも。




b0271357_22275419.jpg


b0271357_2228140.jpg


お酒を飲むのに丁度いいグラスがたくさんでした。


で、やっと津田清和さんのブースを発見したのですが
狙っていた種類のものはほとんど残っていませんでした。
というか、作品自体がほとんど残っていなくて。さすが売れっ子さんです。

小さい版を沢山持っているので大きめのものも欲しいなと思って
残っていた最後のひとつを手に入れました。
b0271357_22343766.jpg

これからの季節、そうめんやサラダに活躍しそうです。


さて、他にもたくさんの興味深い作家さんの作品を目にして歩いていて
この染め付けの小皿がすごくいいなと思いました。
茨城の沼田智也さんの作品。
b0271357_22363113.jpg

何となく時を経たような色合いですよね。
見ると、李朝風のものを作られているようでした。

あと、沼田さんは寺村光輔さんと同じく若くてイケメンでしたよ(笑)



さて、疲れたので午前中で退散することにした私は
最後にCOW BOOKSさんの
移動書店で見つけた加藤唐九郎さんと白洲正子さんの対談集「やきもの談義」を購入。
b0271357_22473280.jpg

唐九郎さんは私の友人のお祖父さんで、とても有名な陶芸家さんだったかた。
今でも人気です。

昔、作業場に行ったときに小屋のそとの草むらにたくさん割れた陶器があって
それはぜんぶ唐九郎さんが気に入らずに割ってしまったものでした。
ずいぶん変わった人だったようですが、対談を読むと
本当にやきもののことばかり考えていたのだなと思いました。



その6へ。
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-05-26 20:24 | イベント

クラフトフェア松本2013〜その3

その次に気になったのが森谷和輝さんのこのガラスのお皿。
b0271357_21492617.jpg

キルンワークで製作されているそうです。
以前の記事で紹介した能登朝奈さんがなさっているパート・ド・ヴェールという手法と同じ部類で鋳型を使われるということです。

金や銀の模様が美しいなと思っていると、再生ガラスを使っているので
そのような色が生まれるのだそうです。すごいですね。
通りがかる多くの人々も気になるようで、皆さんお手に取られていました。


村上雄一さんの三島なんかもいいなーと思いながら歩いていると
目に留まった漆。
何だか全体的に分厚いものが多いなと思ったのですが、こちらはなかなか。
「小林作右衛門木工舎」小林達也さんの漆のお皿。
b0271357_2241730.jpg

彫り目が素敵。そしてびっくりのお値段5千円。え、安すぎない!?
b0271357_2243729.jpg

裏面が斜めになっているので、分厚くても薄く感じる。

彫り目の木の毛羽立ちが気になって少し躊躇するも、購入してしまいました。
朴の木を使って漆は3度塗りだそうです。
分厚い作品が多いのは、持ったときの感じがいいからということでした。


ピントが合ってないけど、
b0271357_22115958.jpg

富山孝一さんのこのトレイも素敵でした。


さらにてくてく歩くと、絶大な人気を誇る"ガリはん"のカキノジンさんのブースが!
b0271357_22163040.jpg

この白い紙に押してある緑のが「まりも」(笑)

とにかくこのかたのはんこ(というかカキノジンさんご自身)は面白いのです。
b0271357_22194267.jpg

しかし、ひとだかりができていて、闘う気力のなかった私はスルー。


津田清和さんのブースはいずこ?



その4へ。
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-05-26 19:46 | イベント

クラフトフェア松本2013〜その2

今年は、何も下調べして行かなかったので
ガイドブック(出展者名簿)をみて、見逃してはいけない作家さんだけ
とりあえず頭に入れておいて、ぐるぐる巡りました。


今年のクラフトフェアの案内状に使われていた作品はこちら
b0271357_2118021.jpg

すがのたかねさんの。


実は昨年、私の誕生日にドライブをしていて
偶然すがのさんとこのギャラリーの看板を見つけ、訪れたことがあるのです。
そのときの写真で昨年のクラフトフェア用の作品。
b0271357_21272382.jpg


独特の感じですよね。
b0271357_21253941.jpg




次に気になったのが熊本充子さんのこの作品たち。
b0271357_21312564.jpg

私はつるっとした新しいお皿はあまり好まないのですが、
これは気になってしかたがありませんでした。

お話を伺うと、これはたんに筆で描いたのではなく
溝を彫ってそこへ顔料を流し込んでいるのだそう。
トラックやら立体駐車場の入り口やら工事現場やら。。。
気になる〜!!
自動車の絵のお皿なんて、男の子が貰ったら嬉しくてごはんが楽しくなるに違いない!!

もういいのはだいぶ売れてしまっていて、
「えぇ〜それ見たかった」と悔しがりながら選んでこれにしました。
熊本さんのお気に入りなのに、いつも1枚だけ売れ残っていたんだそう。
きっと私のところに来るために売れなかったのね、なーんて。
b0271357_21302366.jpg

裏返して、クスッと笑ってしまう。
b0271357_21305315.jpg


熊本さんの作品は「密買東京」というアヤシゲな名前のサイトで取り扱いがあるそうです。ミシンやカメラの絵も可愛い♪



その3へ
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-05-26 19:42 | イベント

クラフトフェア松本2013レポート〜その1

松本クラフトフェア2013、2日目の日曜に行ってきました。
b0271357_19442240.jpg


8時45分には会場に着いていたのですが、すでに人がたくさん。


しかし出展者さんの作品並べがまだだったので
先に美麻珈琲さんでカフェラテをいただきました。
b0271357_19121798.jpg

一昨年、クラフトフェアで初めてこちらの珈琲を飲んだときは、美味しくてびっくりして、
もう1杯おかわりしたらあんまり美味しくなくて、あれ?っと思って
5日後に大町の店舗に行ってみたりしました。
やっぱり今日も美味しかったです。



で、カフェラテを飲みながらぐるりと見渡すとおいしい家さんのブースが。
b0271357_19154916.jpg

真ん中の後ろ姿が「のりちゃん」さんです。



お弁当、買っちゃった♪
b0271357_19195568.jpg

朝ご飯、オレンジ1個食べたきりだったのでこのタイミングで食しました(笑)
ご馳走さまっ。


朝とは言えど、陽射しが早くも照りつけて
フードエリアのお店のひとも、砂埃がたたないようにお水を撒いている。
しかーし、木立のあるあたりは涼しくて良かった。


そうこうしているうちにどんどん人が増えてきて大変なことに。
ベビーカーやわんちゃんや、大きなバッグを持った人の隙間をくぐり抜け、
一番最初に購入したもの。
大胡 琴美(だいご ことみ)さん《工房rpm.》の陶器。
b0271357_19312749.jpg

今写真を見るとうまく色が写せていないけど、金色が綺麗なんです。

裏はこんな感じ。
b0271357_1935922.jpg

松本の作家さんです。



その2へ続く。
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-05-26 19:00 | イベント