カテゴリ:史跡等( 3 )

熊本県天草の西平椿公園(にしびらつばきこうえん)へ行ってきました

五橋のおかげで、以前より気軽な旅が可能になった天草。
今回、何も予備知識なくふと思いついて天草へドライブしてきました。

天草観光の定番といえば
①キリシタン関係のスポット
②海の幸
③絶景
もちろん他にもあるけどだいたいこんなものではないでしょうか。

キリシタン関係の名所については以前に訪れたことがあったため、
今回は何となく時期でもあった椿を観に行ってきました。

西平椿公園は島の先っぽのほうにあって、熊本市内からだいたい3時間15分くらいかかりました。
途中からはレンタカーはおろか、地元の車もあまり通っていないような山道を通り、
最後のほうは狭くてくねくねした上り坂を少々不安な気持ちで行きました。

が、その甲斐あって美しい風景を拝むことができましたよ。


b0271357_09253914.jpg
b0271357_09252701.jpg
b0271357_09261438.jpg
b0271357_09255929.jpg
藪椿が岩場に自生しています。
他にも、様々な種類の椿が咲いていました。

本当に誰もいない。。。皆さん夕方に来るのかしら。
海と椿
b0271357_23451042.jpg
b0271357_23445205.jpg
b0271357_23450183.jpg
b0271357_23452089.jpg

海のほうまで降りていける階段があり、ぐるりと廻ることができるみたい。
私はこの後温泉を予約していたので時間がなくて見れませんでした。
時間に余裕を持って行かれることをおすすめします。

夕陽がきれいなんだそうですよ。
b0271357_23531423.jpg
b0271357_23533508.jpg
b0271357_23532657.jpg
b0271357_23534783.jpg

西平椿公園(にしびらつばきこうえん)
〒863-2801 熊本県天草市天草町大江



[PR]
by kaze_no_oka | 2014-03-15 00:03 | 史跡等

熊本城に行ってきました

熊本に来た観光客が行くところに行ってみよう!その2(笑)
...ということで、熊本城に行ってみました。


じゃじゃーん!
あまりにも有名な熊本城。
b0271357_23190834.jpg

熊本市の街から仰ぎ見ると、そこにはこんな立派なお城が見えるのでござる。
b0271357_23143603.jpg
1607年、加藤清正公によって築城されて400年あまり。
1877年、天守閣は消失したそうですが再建され、現在も銀杏城として大人気のお城です。

b0271357_23245413.jpg
この反り返った石垣のせいで、敵が容易には攻め登れない。
「武者返し(むしゃがえし)」と呼ばれているこの石垣をモデルに
熊本の銘菓「武者がえし」(by お菓子の紅梅)が生まれたそうです。
お土産に良いですよ〜。

で、こちらは天守閣の西側からの眺望。
金峰山がみえます。その手前は熊本城公園。
体操したりピクニックしたり、熊本県民にとって代々木公園みたいなもんです。
b0271357_23303575.jpg
そんで、南側。
電車通り(熊本には路面電車が走っているのだ!)にある熊本の老舗デパート「鶴屋(つるや)」。
その通りから西が下通りアーケード、東が上通りアーケードです。
b0271357_23340213.jpg
お城の内部ですが。
本丸御殿の大広間。ふすま開けても開けても。。。ですよね。
b0271357_23403541.jpg
一番奥に見えるのが、「昭君之間」。
藩主との対面の間です。

b0271357_23424908.jpg
この襖や壁に描かれている絵は、前漢の時代にモンゴルへ嫁がされた王昭君という美女のお話だそう。
悲劇の美女というと、細川ガラシャ夫人を思い浮かべてしまう。。。


b0271357_23495118.jpg
b0271357_23450613.jpg
いやはや、色んな美術品がありますな。

それにしても、はぁ〜疲れたばい。
狭い階段上り下りしたり、坂をのぼったりおりたり。。。
ゆっくり時間をとっておいたほうが良いと思います。
しかし、これぞお城って感じの熊本城、一度は訪れてみては。

熊本城HP
熊本県熊本市中央区本丸1−1
入園料 / 大人 500円 子ども 200円
開園時間
・3月~11月 8時30分~18時00分(入園は17時30分まで)
・12月~2月 8時30分~17時00分(入園は16時30分まで)
12月29日~31日は休園










[PR]
by kaze_no_oka | 2014-02-06 23:59 | 史跡等

熊本市の水前寺公園(すいぜんじこうえん)に行ってきました

昨年の夏のこと。
熊本に来た観光客が行くようなところに行ってみよう!!
と、やって来たのがここ水前寺公園。

熊本に生まれ育ったのに、初めて来た。
まるで、東京人が東京タワーに、大阪人が通天閣に登ったことないようなもんです。
いや、それは熊本城か。さすがに熊本城には何度も行ってる。

さて、この水前寺公園。これは通称で、本当は水前寺成趣園(じょうじゅえん)というそうです。
 〜肥後細川藩初代忠利公が鷹狩の砌(みぎり)、渾々と清水が湧くこの地を殊の外お気に召され、御茶屋として作事されたのが始まり 
とのこと。
お隣に細川家の歴代藩主を祀る出水(いずみ)神社があります。
b0271357_14470261.jpg
広ーい園内。
b0271357_14572271.jpg
奥に見えるこの建物は...
b0271357_14594414.jpg
b0271357_15000427.jpg
「古今伝授之間(こきんでんじゅのま)」
細川幽斎公が桂宮智仁親王に「古今和歌集」の解説の奥義を伝授された、とあります。

お茶のことを学ぶほどに、父・細川藤孝(幽斎)公と子・細川忠興(三斎)公のすごさがわかってくるのですが、
その血脈が今に続いているというのは、更にすごいことですよね。

さてこちらではお抹茶もいただけるのです。
b0271357_15162201.jpg
b0271357_15164381.jpg
こちらは狩野永徳の門人、海北友松の「竹林七賢人」の襖絵。
b0271357_15191298.jpg
はぁ。ゆっくりできた。
しかし肥後の夏は蒸し暑いので日傘とハンカチ必須。


水前寺成趣園(通称 水前寺公園)HP
熊本市水前寺公園8−1
☎ 096-383-0074
営業時間 / 3~10月 7:30〜18:00(入園17:30まで)
     11~2月 8:30〜17:00(入園16:30まで)
入場料 / 大人400円、子ども200円(団体割引等あり)

*駐車場は周辺に有料のものがあります。
 ナビの施設名で検索すればすぐにでてきます。








[PR]
by kaze_no_oka | 2014-02-06 15:28 | 史跡等