<   2013年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

川勝英十津さんの「カルイウルシヌリの木の器」展@灰月へ行ってきました。

松本のPARCO横、高美書店の2階に「ぎゃるり灰月」というギャラリーがあります。


こちらで先日、漆の川勝英十津(かわかつ ひでとつ)さんの個展のオープニングで
元「ポフトボナー」店主・森下裕司さんによるフレンチを川勝さんの器でいただく
「漆+French」と題したパーティーがあったのですが、
カメラを持っていなかったので、写真を撮ることができませんでした。
残念。


川勝さんの器のことを知ったのも、こちらのギャラリーでのこと。
木地に桐の木を使っているので、川勝さんの器はとても軽く
初めて手にしたときは本当に驚きました。


あのアラン・デュカスも気に入り、自身のレストラン
BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO(ベージュ アラン・デュカス東京
でも使われているそうです。


今回、オープニングパーティーで目にした川勝さんの漆器。
色、かたち、数、すべて圧巻でした。
(後日、再訪して写真を撮らせていただきました)
b0271357_2293948.jpg

素晴らしいでしょう。
蓋付きの、浅くて片口のようなかたちのものは、別に汁をきるためにそうなっているのではなく
単に取手がついていると手前と奥が決まり易いからだと川勝さんがおっしゃっておられました。
(ほんとうかどうか、ほろ酔いだったのでわかりませんが……笑)



お料理もとても美味しく目にも鮮やか。
漆器って、こんなにも自由に使えるのかという感動を覚えました。

川勝さんのお人柄がうつわにそのまま現れていて、
柔らかでおおらかなその漆は、何の料理を盛ろうかというイマジネーションを刺激します。

「お酒を呑むときに、ゆっくり料理を味わうでしょう。そのためのうつわ」
「僕は木地からつくるから、すべての行程を完璧にはつくれない」
(だからこそ、おおらかで普段使いのできる、良い意味で隙のある漆になる)
その他にも、ほろ酔いの川勝さんの興味深いお話をたくさん聴くことができました。



この、圧巻としか言いようのない光景。
b0271357_2405447.jpg

手前の黒い漆には、お花が活けられています。
こんな使い方もできるのね。
奥様のお話によると、漆のうつわに花を活けていると
何故か猫ちゃんがその水を飲みにくるのだそうです。

b0271357_2481081.jpg

同じ赤でも朱色だったり紅色だったり、下地に施した紙(布?)の模様が様々だったり。
ひとつとして同じものはなく、それが器への愛着を生むのです。
(ご本人は「それは僕が下手だからです」と笑っておられましたが)

b0271357_2522448.jpg

うちにある川勝さんのうつわ。他に、シルバーのトレイもあります。
将来もっと余裕があるようになったら、蓋付きのものや大きなものを買い足して
ずっと使っていきたいな。


「ぎゃるり灰月(かいげつ)」さんは、松本PARCO横の高見書店の2階にあります。
b0271357_2564950.jpg

川勝さんの漆器を見る絶好の機会です。

「カルイウルシヌリの木の器」展 川勝英十津&五大
2013年4月20日(土)→5月6日(月)
11:00〜18:00〈最終日 17:00迄〉

*会期中のお休み 4/24(水)・5/1(水)



ぎゃるり灰月【HP
〒380-0811
松本市中央2-2-6 高美書店 2F
☎0263-38-0022
営業時間 11時~18時
定休日 火・水
*取扱い作家
市岡泰、、小山乃文彦、大沼道行、島るり子、加藤財、三苫修、額賀章夫、
大場芳郎、川勝英十津、小口綾、李慶子、艸田正樹、
つちや織物所、真木テキスタイルスタジオ、エフスタイル、四月の魚、川村忠晴  他

[PR]
by kaze_no_oka | 2013-04-30 20:35 | 作家さん

安曇野市穂高のギャラリー【nagi◎(なぎ)】へ

安曇野の穂高有明地区には、山麓線と呼ばれる道路の両側に
別荘や店舗がたくさんあります。

なので、ゴールデンウィークになると県外車で混んで大変。
近くなのになかなか行けない「あさかわ」へ
営業開始時間の11時半に行くとすでに駐車場は
県外ナンバーで満杯で、Uターンして帰っていく車がいっぱい。

…そりゃそうです。
観光地ですし、ネットでの評価も高いですからね。

ということで、近くの【nagi】(なぎ)というギャラリーへ行ってみることに。


前はnagiさんへの行き方をなかなか憶えられなくて迷ってしまったりしたので
間違わないための目印を紹介したいと思います。
山麓線沿い、アートヒルズの近くにこういうPIzza&Pastaという看板があり、
そこから山道に入ります。
b0271357_1117411.jpg


車1台が通れるだけの細い道で、途中からでこぼこの砂利道に変わります。
だいたい800mくらいのぼっていくと(結構奥まで行きます)
nagiさんの看板があるので、左折するとすぐです。
b0271357_22185349.jpg


緑に囲まれた、こんな素敵なギャラリー。
b0271357_2220780.jpg



nagiのオーナーさんには今ちいさなお子さまがいらっしゃるので、
オープンはブログでチェックされてから行かれることをおすすめします。
(この日私は11時からだと思い込んでいたのですが13時openでした)

nagiさんのご家族は
阿久津真希さん(陶芸)、actscoboさん(木工)、nagibotanさん(布)
素敵ですね。
もちろん、こちらのnagiさんでも取り扱いなさっておられます。
(阿久津さんの、種のかたちの容器は薬味入れにとても重宝しています)


コーヒーフィルターを吊るしておけるワイヤーホルダーも
吉田次朗さんのオブジェも、こちらで購入したのでした。
b0271357_2224264.jpg

桜の花びらがちらちらと舞い散って綺麗。
いつもどこからともなく現れる猫ちゃんも一緒にパチり。



nagi◎【HP
〒399-8301
長野県安曇野市穂高有明7859-4
☎/fax 0263-83-1272
営業日および営業時間
3月~10月  9:00~18:00
11月~12月  9:00~17:00
1月〜2月   冬期休業
水・木(休)祝祭日は営業します。
当分はブログにて営業日のお知らせをチェックしてくださいね。
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-04-29 10:27 | ギャラリー

黒田泰蔵展@戸田ギャラリー/和楽5月号は必見

いつもブログに書こう書こうと思うばかりで、
忙しすぎて記事をUPできないまま日が経ってしまい、
ネタが古くなるということを繰り返しています(苦笑)。

以前は定期購読でしか読むことができなかった『和楽』。
今では店頭で手に入れることが出来るようになっています。

その『和楽』2013年5月号に、
黒田泰蔵さんの特集がくまれていて(こういうハイクラスな雑誌では時々特集されている)
そこに展覧会のお知らせが掲載されていました。

b0271357_22332289.jpg


大阪展覧会@谷松屋戸田ギャラリー【HP
平成25年4月13日(土)〜4月20日(土)終了
*ギャラリーの一画にKURODATODAのコーナーを設え、
黒田泰蔵の新作を常設展示


東京展覧会@Kaikai kiki Gallery(谷松屋戸田ギャラリー&カイカイキキ共同開催)
平成25年6月1日(土)〜6月8日(土)
11時〜19時 無休
東京都港区元麻布2-3-30 元麻布クレストビルBF1
☎03-6823-6038


谷松屋戸田ギャラリーがあるのは淀屋橋の駅すぐ。
昔この辺りの会社で働いていたなぁ。。。懐かしい。
靭公園の近くにある「Calo Bookshop & Cafe」(江戸堀)さんには
書店員をしていたときには本当にお世話になりました。


さて、『和楽』のこの号の特集ページのなかに、
私がずっと忘れられないでいる黒田さんの花器の写真があったんです!
b0271357_235371.jpg

いちばん右の、肩の張ったものです。
だけどやっぱり、どれも素敵。。。(溜息)


6月の、東京での展覧会に行けたらいいなぁと思います。
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-04-26 23:08 | 作家さん

松本のパティスリー「ICHiÉ(いちえ)」に行ってきました

美味しいと教えていただいた松本市蟻ヶ崎の
パティスリー「ICHiÉ(いちえ)」へ行ってきました。

この日の朝はなんと雪が降って
b0271357_103373.jpg

寒〜!



このパティスリーは蟻ヶ崎高校すぐのところにあります。
b0271357_1045978.jpg

駐車場は2台分。
大きい車だとちょっと停めにくいかも。

店内は明るくてオシャレ。
今時のお店だな〜と感心したのは、若くて可愛い奥様(?)が
iPadを使って、注文を一緒に確認しながら会計してくださるところです。
(ご主人さまがパティシエさんです)

どれにしようか迷ってしまって、結局沢山買っちゃった(笑)
b0271357_10123162.jpg

私の大々だーい好きなカヌレがとても手頃なお値段(なんと¥147)で並んでいて
ものすごく嬉しかったです。
甘過ぎないすっきりとしたスイーツでした!


Pâtisserie ICHiÉ(いちえ)【HP
松本市蟻ヶ崎1-1-43
☎0263-87-6297
11:00-19:00(売切れ次第終了)
定休日:毎週火曜日、一部月曜日

◎駐車場2台有。
前面道路は交通量が多く渋滞しやすい道路となっております。また歩道がない部分も多く、登下校中の小中学生・歩行者の安全のため路上駐車はご遠慮下さい。。。だそうです。
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-04-21 22:58 | カフェ/レストラン

LABORATORIO(ラボラトリオ)のマルシェへ行ってきました

松本のLABORATORIO は、昭和初期の古いビルを改装したカフェギャラリーで
様々な生活雑貨を取扱いされている他、毎月企画展も催されています。
小野哲平さんや吉田直嗣さん、
Peter Ivy(ピーター アイビー)さん(但し注文)らの取扱いがある他、
1Fでは井藤昌志のoval boxと「Arts & Science」の洋服等が揃っています。


b0271357_92093.jpg

以前、「ちくちく手仕事展」で購入した
CHECK&STRIPE」のリバティのクロス。


こちらでは、毎月第3日曜日にマルシェを開催なさっています。
主に
松本「自然農園はこべ」さん
山梨「山角」さん
伊那「こめはなや」さん
愛媛「長盛園」さん
などが出展されます。

今回は、茅野の「おいしい家」さんも出展されていました。
このあいだ、茅野に出かけた際に行こうかどうか迷って
でも営業されているかわからなかったのでまた今度にしたところでした。

その「おいしい家」さんのお料理をいただきました。
b0271357_9303359.jpg

玄米おにぎり美味しい^^
紫蘇の実のものと、つくしの煮たものが混ぜてあるものと。
菜っ葉を油揚げ(?)で巻いたものも美味しい。
(ちなみに銀のトレイは川勝英十津さんの漆のもの)

「おいしい家」さんはとても優しくおだやかな女性でした。
しばらくは完全予約制とのこと。
暖かくなったらお邪魔したいと思います。

LABORATORIOHP】
〒390-0874 松本市大手1−3−29
カフェ&ギャラリー(2F)11:00~18:00
☎ 0263-36-8217
the Box Shop(1F)11:00~18:00
☎ 0263-36-5536

*カフェ&ギャラリー,the Box Shopともに火曜定休
*三谷さんのお店「10cm」から徒歩100mくらいです。

[PR]
by kaze_no_oka | 2013-04-21 21:48 | カフェ/レストラン

寺村光輔さんの平皿でパスタ

私は滅多に家で貝を使った料理をしません。
何故かというと、砂抜きをするときに
貝が安心してびろーんと手足(?)を伸ばしているところを見ると、
何だか可愛らしくて食べてしまうのが申し訳なくなってしまうからです。


でも春先のこの季節になると、あさりを食べたくなってしまいます。

今回は、寺村さんの大皿を手に入れてから絶対作ろうと思っていた
パスタを作ってみました。
b0271357_1075946.jpg


東京水道橋の「千鳥」さんのオンラインショプで購入した、
寺村光輔(てらむら こうすけ)さんの林檎灰釉7.5寸皿です。
林檎の木の灰を釉薬にしたもの。

このお皿の素敵のところは、裏面の高台です。
b0271357_10135481.jpg

しっかり支えてくれてる感じがしますし、持ち易いです。



寺村さんは、栃木県の益子で作陶されています。
益子では、毎年春と秋に陶器市が開かれるので、行ってみたいと思っているのですが
この時期は他にも個展やら何やらが重なってしまい、行けていません。

が、昨年2012年のクラフトフェア松本には出展されていたので
お会いできました。

今年の春の益子陶器市
2013年4月27日(土)~5月6日(月)
です。
益子のお出かけの際はぜひ。
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-04-11 21:29 | 料理

松本市四賀のマクロビカフェ「sabouしが」へ行ってきました

最近購入したマクロビオティックの料理本「玄米・根菜・豆料理」
b0271357_8493546.jpg

著者の中島デコさんのことをもっと知りたくて色々調べていて初めて
Brown's Fieldのことを知りました。
そしてそこの卒業生紹介のページに、穂高養生園(うちのすぐ近くにある)のスタッフを経て松本の四賀に
古民家カフェをオープンさせたという女性のことが載っていました。


わぁこれは絶対行かないと!
ってな訳で、営業していることを確認して早速出発。

四賀って雪がすごいところだと話にきいていたので、
どれだけ山の中なんだろうと思いながら車を走らせると
信州ゴールデンキャッスルの手前の坂の途中にありました。
大きな看板があるのですぐに分かります。
b0271357_935688.jpg

駐車スペースもバッチリ。

今日のメニューは...ワクワク
b0271357_952531.jpg



古民家って感じです。
b0271357_9101662.jpg

入り口は左の小さなここかな?


中は少し暗くてひんやりした感じ。
天井は高くて、土間のスペースと板間に分かれていました。
私は土間のスペースのテーブルへ。

オーナーのmiyaさんが出迎えてくれました。
(わぁこのひとかぁ^^)と思いながら「しがごはん」を注文。
彼女は三年番茶を出してくれ、テキパキと注文をとり、奥のキッチンへ。


待つあいだ、最近買うだけで読めていなかった本を数冊取り出して
目を通しました。
料理の本って楽しい。
自分の知らない味付け、自分の知らない材料の組み合わせ。



食というのは、いのちのもと。
私たちの身体は、私たちの食べたもので出来ていて、
何を食べたかが私たちの組成を決めていると言っても過言ではないと思います。


私はいま、「食はいのち」というサイトを立ち上げようとして準備中です。
自然農法、食の安全、マクロビ、etc...
関心の赴くままに色んな情報を載せていけるような場をつくりたいと思っています。

公開できるようになりましたらお知らせいたしますね。


さて、こちらがこの日の「しがごはん」
b0271357_923203.jpg

・玄米ごはん
・春キャベツともちきびのスープ

おかずが、時計まわりに
・いもの蕗味噌あえ
・蓮根と人参のやわらか煮
・ちぢみ小松菜のえごまあえ
・セロリとはるかのサラダ
・野草の抹茶フリット


どれもが優しくて、素材の味がきちんとして
身体が喜んでいるのがわかる料理でした。

まだまだマクロビのカフェというのは少ないので
こちらのような、きちんとした料理を出してくださるお店が出来てくれて
とても嬉しいです。


デザートとチャイをいただきました。
b0271357_9312729.jpg

お豆腐を使ったデザート(fresa con nataって言うんだって!!)
チャイはレモンピールが入っていて、今まで飲んだことがないような
爽やかさのあるスパイシーさ。



店内の様子を撮影させていただきました。
土間のスペース。
b0271357_9342021.jpg

大きな煙突のストーブがありました。
イベントで貸し切りOKだそう。


板間のスペース。
b0271357_9344722.jpg

縁側に猫ちゃんが。



ストーブ。
b0271357_9361579.jpg

まだまだ寒いこの季節。
暖かな色の炎を見ているとなんとなくほっとする。


miyaさんは毎日のメニューをブログにUPされています。見てるだけで美味しそう〜
若いのにひとりで切り盛りされててスゴイなぁと感心しました。
私も頑張らなくちゃ!

日曜にバイキング形式始める予定、マクロビ教室する予定
…それ楽しみです!!


クルミとプルーンのチョコケーキをテイクアウトしたのですが
お腹が空いて、写真を撮る前にぺろりと食べてしまいました(笑)


sabou しが【HP】【ブログ
長野県松本市殿野入448
営業日 :木曜日~月曜日 
11:30~17:00(ラストオーダー16:30) 
   *ランチタイム11:30~14:30
tel&fax 0263-64-3270

*祝祭日は基本的に営業し、翌日が振替で休み。
 GW、お盆休みなどの営業については、その都度案内。

今後、水曜日はマクロビオティック料理教室等のワークショップを開催していく予定です。
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-04-08 20:45 | カフェ/レストラン

松本の三谷龍二さんのお店【10cm(10センチ)】へ行ってきました

松本市には、言わずと知れた大人気木工作家、三谷龍二さんの常設店があります。

金土日曜日にしか開いていませんが、三谷さんの作品や書籍、
他の作家さんの作品を取り扱われています。

時々魅力的なイベントがあって、次の4月19、20日には
三谷さんに教えてもらってスプーンをつくるというワークショップがある
のですが、
主催の良品計画さんに問い合わせたところ、すでに定員に達したということでした。
何でも、松本PARCO内の無印良品にパンフレットが置かれたその日に
埋まってしまったということです(苦笑)


さてこの日は閉店まであと30分しかないのにふと思い出し立ち寄ることに。
b0271357_749138.jpg

すると、しばらくお会いできていなかった10cmの看板店員さんがいらっしゃって
(この方がとっても親切で優しくてお顔を拝見すると嬉しい〜)
「お久しぶりです〜!!お元気でしたか?」としばし近況報告。

普段はお店に三谷さんはいらっしゃらないのですが、
イベント等あるときにはお顔を出されることが多いです。


何か珍しいものがあるかしらと店内を見回すと
兵隊のブローチがありました!
比較的初期の頃の三谷さんの作品で、蔵出しのもの。レアです(笑)。


むかし奈良の秋篠の森内のギャラリー「月草」で
三谷さんの個展があったときに見かけたことがありましたが
そのときは教会や兵隊さんはあっというまになくなってしまい
ヤギのものを手にしたきりでした。
b0271357_88677.jpg

左のが以前からもっていたもの。
嬉しい♪


三谷さんは、この日からその奈良の「月草」で個展をされておられるそうです。
三谷龍二さんの個展に一度でも行ったことのある人ならわかると思うのですが、
いつも必ず個展オープン前には行列ができ、オープンすると皆さんダッシュで
目的のものをゲットしないとすぐに無くなってしまう程の人気
です。

大阪の知り合いのギャラリーさんでは、個展初日にぜんぶ売り切れてしまったという話も。
ネットオークションでも、実際の値段の数倍もの値がついていたりして
ちょっと考えられないというか。。。
人気が異常に高まってしまい需要と供給のバランスが崩れていて
作り手と買い手の温度差みたいなものがコワい、
なんて考えちゃったりして。


さて、毎年恒例の大イベント「クラフトフェア松本」のリーフレットが出来ていました。
b0271357_8245481.jpg

今年は5月25日〜26日ですよ。

で、三谷さん主催で去年から行われているイベントが
六九クラフトストリート」です。
10cmのある通りは、昔69の厩舎(馬小屋)があった場所で、六九(ろっく)通りと言います。
そこにはレトロな建物が残っていて、それらを利用してイベントを開催されます。

今年はすごいですよ!
三重のギャラリーyamahonさん
(好きな漆作家の岩本忠美さんの作品が来る!)
高知のギャラリーM2さん
(大好きな小野哲平さんとお弟子さんの広川絵麻さんの作品が来る!)
石川からは昨年も来られていた艸田正樹さんや竹俣勇壱さん、
クラフトフェアに出展なさっていた木下宝さんら

そして何と!ミナ ペルホネン松本店がプレオープンするそうです!!


今年はあがたの森よりこちらのほうに先に行くと思います。
電車で松本駅から来られる場合は、
松本駅を出て左方向へ徒歩10分くらいですよ。


10cm【HP
〒390-0874 長野県松本市大手2丁目4-37
☎ 0263-88-6210
営業日:金曜日・土曜日・日曜日(常設の場合)
営業時間:11:00~18:00

*展覧会会期中は会期日程に準じて営業
*営業日のご案内はこちら
*車で行く際は、六九通りは一方通行なので注意して下さい。
また、お店の駐車場や近くの一般駐車場が空いてないこともあるので、
事前に駐車場の場所を調べておくといいかも。
Times以外で一番近い、大きな立体駐車場はこちらだと思います。
県外からいらっしゃる方は参考になさってくださいね。

[PR]
by kaze_no_oka | 2013-04-06 23:54 | ギャラリー

八ヶ岳のハーブ&アロマテラピー専門店【蓼科ハーバルノート・シンプルズ】へ行ってきました

前の記事で書いたスープスさんにご紹介いただいたハーブ&アロマテラピー専門店
蓼科ハーバルノート・シンプルズさんへ行ってきました。
スープスさんから車で1〜2分くらいのところ。

坂道の一番下に駐車場があり、そこへ車を停めてから100mほど歩きます。
b0271357_64796.jpg

このあたりも別荘風のお宅が並んでいますが、
どの家にも薪がたくさん積まれていて
冬の寒さは厳しそう。。。


ここがハーバルノートさんです。
b0271357_6121163.jpg

後で調べたら、「蓼科ハーバルノート・シンプルズ」というのが正しい名称。
“simple”は、古い言葉で「薬草」の意味を持つのだそうです。



お店の横には奥に小川の流れる素敵な庭があり、白樺の根元には色々な草花の芽が。
この春初というハーブ苗が並んでいました。
b0271357_6145074.jpg

草の生えた屋根の店内へ足を踏み入れると、そこには圧倒的な種類の
ハーブやアロマの商品が!
伊那の陶芸家、島るり子さんの作品もあったりして興奮します(笑)。


きょろきょろ(興奮しすぎてオロオロ!?)しているとお店のかたが
試飲用のカップにハーブティーを淹れてくださって、
これが優しい甘さを感じるすごく飲みやすいものでした。
なんでも.養命酒さんとコラボしてつくったハーブティーだそうです。
こちらから購入できます。
養命酒の運営する「くらすわ」の紹介ページからも購入可能。


ハーバルノートさんでは、アロマテラピーの講座やオリジナルの様々な教室を
開催されています。
講師はハーバルノート主宰者の萩尾エリ子さんです。
30年も前に東京からこの地へ移り住み、
10年かけて荒地から3,000坪のオーガニックガーデンを作られたそうです。
とても素敵な女性ですね。

私もハーブは大好きで、今は菜園で色々育てています。


蓼科ハーバルノート・シンプルズ【HP
〒391-0213 長野県茅野市豊平10284
OPEN 9:00A.M. - 6:00P.M.
TEL.0266-76-2282 FAX.0266-76-6416
定休日:水曜日
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-04-06 23:40 | 雑貨等

八ヶ岳の麓「soups yatsugatake(スープスやつがたけ)」へ行ってきました。

茅野市にあるスープ屋さんに行ってきました。
前日に訪れた「梅蔵」さんと同じ豊平にあって、
梅蔵さんから車で10分くらい奥にあります。
(ナビでもちゃんと案内してもらえました)


到着!
b0271357_1123529.jpg

ピントがあってなくてごめんなさい。。
入り口はこの裏側です。


なんだか落ち着く良い雰囲気。
窓から八ヶ岳山麓の景色を堪能できます。
b0271357_115474.jpg

マニアックなJAZZが流れていました。


この日頼んだスープは「ビーツのスープ」
すっごく綺麗な赤!
少し土臭いような本物の味がするけど、お腹も喜ぶ自然な味で温まりました。
添えてあるサラダやケーク・サレ(?)も美味しいけど、
アクセントになるピクルスの酸味にはっとしました。



b0271357_11114086.jpg

b0271357_11115282.jpg


甘夏のケーキも、周りに薔薇のドライフラワーが添えてあって可愛い。


長椅子には「ちび」という猫ちゃんが寝ていて、
知り合いに「あんまり寝てるの邪魔すると怒られますよ〜(笑)」と
聞いていたので、そっと撫でる程度にしました。


外では店主ご夫婦の息子さん(まだちいちゃくてすごく可愛らしい)と
おばあさまがお散歩していて、和む〜^^
また、所々に色んなお花が咲いていて、見ていると奥さまが何かの種を
鎌の先を上手に使ってちょいちょい、ちょいちょいっと蒔いている模様。


帰り際に、その奥さまが「せっかくこちらまでいらっしゃったのだから」と
近所の「ハーバルノート」というお店のことを教えて下さいました。
(ので、さっそく訪問)



またぜひ訪れたいスープ屋さん!

SOUPS YATSUGATAKE【HP
長野県茅野市豊平10355
☎ 0266-76-5218
ランチ  11:30~15:00 L.O.
ディナー 18:00~21:30( 20:00 L.O.)

定休日 火・水曜日

*予約可 カード不可
*冬期ディナーは要予約
[PR]
by kaze_no_oka | 2013-04-06 19:52 | カフェ/レストラン