松本の三谷龍二さんのお店【10cm(10センチ)】へ行ってきました

松本市には、言わずと知れた大人気木工作家、三谷龍二さんの常設店があります。

金土日曜日にしか開いていませんが、三谷さんの作品や書籍、
他の作家さんの作品を取り扱われています。

時々魅力的なイベントがあって、次の4月19、20日には
三谷さんに教えてもらってスプーンをつくるというワークショップがある
のですが、
主催の良品計画さんに問い合わせたところ、すでに定員に達したということでした。
何でも、松本PARCO内の無印良品にパンフレットが置かれたその日に
埋まってしまったということです(苦笑)


さてこの日は閉店まであと30分しかないのにふと思い出し立ち寄ることに。
b0271357_749138.jpg

すると、しばらくお会いできていなかった10cmの看板店員さんがいらっしゃって
(この方がとっても親切で優しくてお顔を拝見すると嬉しい〜)
「お久しぶりです〜!!お元気でしたか?」としばし近況報告。

普段はお店に三谷さんはいらっしゃらないのですが、
イベント等あるときにはお顔を出されることが多いです。


何か珍しいものがあるかしらと店内を見回すと
兵隊のブローチがありました!
比較的初期の頃の三谷さんの作品で、蔵出しのもの。レアです(笑)。


むかし奈良の秋篠の森内のギャラリー「月草」で
三谷さんの個展があったときに見かけたことがありましたが
そのときは教会や兵隊さんはあっというまになくなってしまい
ヤギのものを手にしたきりでした。
b0271357_88677.jpg

左のが以前からもっていたもの。
嬉しい♪


三谷さんは、この日からその奈良の「月草」で個展をされておられるそうです。
三谷龍二さんの個展に一度でも行ったことのある人ならわかると思うのですが、
いつも必ず個展オープン前には行列ができ、オープンすると皆さんダッシュで
目的のものをゲットしないとすぐに無くなってしまう程の人気
です。

大阪の知り合いのギャラリーさんでは、個展初日にぜんぶ売り切れてしまったという話も。
ネットオークションでも、実際の値段の数倍もの値がついていたりして
ちょっと考えられないというか。。。
人気が異常に高まってしまい需要と供給のバランスが崩れていて
作り手と買い手の温度差みたいなものがコワい、
なんて考えちゃったりして。


さて、毎年恒例の大イベント「クラフトフェア松本」のリーフレットが出来ていました。
b0271357_8245481.jpg

今年は5月25日〜26日ですよ。

で、三谷さん主催で去年から行われているイベントが
六九クラフトストリート」です。
10cmのある通りは、昔69の厩舎(馬小屋)があった場所で、六九(ろっく)通りと言います。
そこにはレトロな建物が残っていて、それらを利用してイベントを開催されます。

今年はすごいですよ!
三重のギャラリーyamahonさん
(好きな漆作家の岩本忠美さんの作品が来る!)
高知のギャラリーM2さん
(大好きな小野哲平さんとお弟子さんの広川絵麻さんの作品が来る!)
石川からは昨年も来られていた艸田正樹さんや竹俣勇壱さん、
クラフトフェアに出展なさっていた木下宝さんら

そして何と!ミナ ペルホネン松本店がプレオープンするそうです!!


今年はあがたの森よりこちらのほうに先に行くと思います。
電車で松本駅から来られる場合は、
松本駅を出て左方向へ徒歩10分くらいですよ。


10cm【HP
〒390-0874 長野県松本市大手2丁目4-37
☎ 0263-88-6210
営業日:金曜日・土曜日・日曜日(常設の場合)
営業時間:11:00~18:00

*展覧会会期中は会期日程に準じて営業
*営業日のご案内はこちら
*車で行く際は、六九通りは一方通行なので注意して下さい。
また、お店の駐車場や近くの一般駐車場が空いてないこともあるので、
事前に駐車場の場所を調べておくといいかも。
Times以外で一番近い、大きな立体駐車場はこちらだと思います。
県外からいらっしゃる方は参考になさってくださいね。

[PR]
by kaze_no_oka | 2013-04-06 23:54 | ギャラリー
<< 松本市四賀のマクロビカフェ「s... 八ヶ岳のハーブ&アロマテラピー... >>